【圧巻の迫力】「百段階段×和のあかり展2019年」が今年も開催されるよー!昨年実際に行ってきた様子をレポート!

百段階段×和のあかり展とは

夏もイルミネーションが見たい!

 

そんな時ありませんか?

 

私はありません笑

 

でも、これを見てから考えが変わりました!

ホテル雅叙園東京 「百段階段×和のあかり展」に行った時の感動が忘れられず、今年もあるのならまた行きたいなーと思っているのです!

 

と、思っていたら2019年の日程が出ましたー!!

 

▼気になる方はHPをチェック

和のあかり×百段階段2019

2019年7月6日(土)~9月1日(日)
日~木曜日/10:00 – 17:00(最終入館16:30)
金・土曜日および、8月11日~18日/10:00 – 20:00(最終入館19:30)
※8月10日(土)は17:00まで

早割チケットも出ているのでもれなくチェック!

 

で、和のあかり展ってなに?

 

簡単に言うと、とても美しい空間なんですが簡単にはまとめられないので、去年の様子を振り返ってみたので今年こそは行きたいなーと思っている人はこの記事を参考にしてみてね。

 

ホテル雅叙園東京は東京都の目黒にありアクセスもいいです。百段階段ではさまざまな企画展を開催しています。時期によってイベントが異なります。

 

まず入場料を払い、エレベーターで上に行きます。

そのエレベーターもかなりゴージャスで見応えがあるので実際に行った時に見てみてね!

 

エレベーターが開くと入り口です。

展示物を見ながらここを進んで行くと奥に百段階段があります。

 

百段階段は木造建築物。そして実際は100段ではなく99段です。理由は最後に書きますね!

 

階段端には1つ1つ違う表情のこけしが寝ています。

 

あれ??ひとつジャンルが違うこけしが・・・クリスチャンがいる!笑

 

長い階段沿いには7つのお部屋が作られています。階段で結ばれた各部屋それぞれが違う雰囲気の展示物があります。

 

早速見ていきましょう!

 

十畝の間

1つ目のお部屋は「十畝の間」

作品の展示かと思ったら、お部屋丸ごとの世界観の展示って感じで素晴らしい!

部屋の中の作品を一つ一つ見ていたら結構時間かかります。なので、このブログでは切り取ったところだけアップしますね。

 

漁樵の間

2つ目のお部屋は「漁樵の間」

入った瞬間、びっくり!写真だと伝わらないんですが、かなり大きいんです。

さすがねぶただけあって圧巻のスケール。見る角度によっても表情が違います。

 

そしてずっと見ていたくなるような温かみのある明かり!

 

草丘の間

3つ目のお部屋は「草丘の間」

さっきは灯りって感じだったのに今度は光りの空間って感じ!

 

個人的にこれが一番感動したお部屋の作品です。

 

もうね、神秘的で美しくしすぎて言葉がでない!

 

中まで細工が!細かいところまで・・・!

 

別次元の異空間でした。

 

静水の間

4つ目のお部屋は「静水の間」

ここはかなりお上品なお部屋でした。

切り絵が美しいです!

他にも切り絵を影で映すという!まさに日本の美!

 

星光の間

5つ目のお部屋は「星光の間」

 

自然界のものでこんなに美しくできるんだな・・

ただのキャンドルでは出せない特別な美しさがあります。

 

なんともほっこり。癒される。

 

照明までもがアートでした。

 

清方の間

6つ目のお部屋は「清方の間」

こちらはいろんなお顔がつるされていて少し不気味な雰囲気。

 

頂上の間

7つ目のお部屋は「頂上の間」

天井はこんな感じ。

 

風鈴もきれい。

 

 

そしてお部屋の空間はどうなっているかというと

 

 

この幻想的なブルーの空間×生け花。

まるでお花が生きているかのような躍動感も感じられます。海で花が泳いでいるように見える。

お花も美しいんですが、下に写る影もまたいいですね!

 

階段が99段しかない意味

そんなこんなで7つのお部屋を満喫したんですが、階段の一番上は100段ではなく99段目でおわっているんですね。100段目はないんです。

 

そのわけは、縁起担ぎだそう。

 

・奇数が縁起のよい数だから説。

奇数は陽数だから。

 

・繁栄、発展できる説。

100という完璧な数字よりも99にして発展性をもたせるという意味。

 

という説らしいです。

 

いろんなところに遊び心あふれる仕掛けがあったり

  

 

帰りはお土産ショップでお買い物できたりするよ!

 

 

とにかく感動しっぱなしの時間でした!

普段あまり美術館とか展示会とか行かない人も楽しめる空間だから超おすすめですよ!

 

写真は一部しか上げていないので、実際はもっと見応えはあります。今年も是非行きたいので行ったらまたレポします~!

 

アクセス

ホテル雅叙園東京 

〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1