ワンタンの皮で食べれるお皿を作る方法!シリコンカップを使わずにできる!ずぼらパーティーレシピ

食べれるカップを作ろう!

パーティー料理にもぴったりな「食べられるカップ」を作ってみたよー!

ワンタンの皮を焼くとできるんです。しかも超簡単に!

 

実はこの食べれるカップ、シリコンカップなしで作ったものです。

 

普通の食べれるカップはどうやって作るかというと、

お弁当で使用するよくあるこのシリコンカップ。これを使うんですよね。

シリコンカップの内側にワンタンの皮を押し当てて、それをオーブンで焼いたら皮が固まりきれいにカップができる。というもの。

 

シリコンカップがあれば、その形や大きさに焼くことができます。

 

が、しかし!

 

お弁当など作らない人は、シリコンカップなんて家にないよ!って人多いですよね。

 

また、家にあるシリコンカップは大きすぎて作りたいカップの大きさがちょっと合わないなーなんてことも・・

 

そんな悩みも大丈夫です!シリコンカップがなくても出来るんですよー!!

 

 

使うものはこれだけ!

では、なにを使うかというと

・アルミホイル

・ワンタンの皮

・好きな具材

 

これだけで食べれるカップが作れます!!アルミホイルならかなりの確率で各家庭にありますよね。

 

ちなみに私はワンタンの皮を使いましたが、シュウマイの皮でも餃子の皮でもなんでも大丈夫です!

 

とにかく皮と、その中に詰めたい具材を用意するだけ!

 

作り方

アルミホイルを適当にちぎります。

適当に丸めながら好きな大きさに型を作ります。

粘土と一緒で何度もやり直せるし、好きな大きさのカップが作れるのがメリットです。

必要な分だけ用意します

ワンタンの皮が破れないように注意しながら型に押し当て形を作る。ヒダの部分は餃子を包むときのように水を付けながら固定すると生地がくっついて固定しやすいよ!

茶色くなるまで焼く。

私はグリルを使いましたがオーブンでもトースターでもなんでもいいです。すぐ焼けるので焦げないように注意!本当にすぐ焼けるので心配な人は見てた方がいいかも。

アルミホイルを外して完成です!

※アルミホイルを外す時は皮が割れないように優しく外します。

これだけでもいいんですが、

私は裏側をもう少し焼きたかったので、裏返してさらに焼き色をつけます。

裏面も焼き色がつきました

カップが完成!

ここに好きな具材を盛れば完成♪

今回はポテトサラダを乗せてみたよ!

 

ちゃんとカップになってますね!

パーティーシーンに便利な食べれるカップ!これがあるとテーブルを華やかにできます。

皮とアルミホイルさえあればできるから経済的!皮なんて安いのにたくさん入ってるから約100円くらいで量産できちゃいますね!

 

それに具材を変えるだけでかなりアレンジができるし、パーティーオードブルにはぴったり♪いちごやバナナ、チョコ、マシュマロなどを使えばスイーツ系もできちゃうよ!

 

シリコンカップのいいところ→きれいにできる・ゴミが出ない

アルミホイルのいいところ→自分の好きな大きさを作れる・洗い物が出ない・剥がした後も繰り返し使える(衛生的にもその日のうちに)

 

今回はシリコンカップをわざわざ買いにいかなくてもアルミホイルで食べれるカップが出来る方法でした!自分に合った方法で作ってみてね~♪